本文へスキップ

新美達也税理士事務所は半田市にあります税理士事務所です。

TEL. 0569-21-7600

〒475-0921 愛知県半田市天神町15-2

経営計画作成サービスHEADLINE

経営計画作成

中小企業にとって経営計画作成はかなりハードルの高い作業かと思います。弊事務所ではMAPシステムを使った経営計画を経営者と一緒になって作成するセミナーを開催しており、そこで作成した経営計画は金融機関からも非常に高い評価をうけています。特に中小企業金融円滑化法対策、新規事業計画や設備投資計画等、新しい事業に挑戦する中小企業にとっても経営計画は必須アイテムです。

・中期経営計画立案・・・・社長自身が将来の明確なビジョンを示します。
             社長の最も重要な仕事、それは自社のビジョンを明確に描くことにあります。

・単年度計画立案・・・・・社長主体の「トップダウン方式」または現場参加型の「ボトムアップ方式」により
             数値目標とその達成方法を具現化します。

             具体的には
              @必要固定費
              A借入返済必要額
              B設備投資
              C目標売上及び目標粗利益
              D回収・支払条件
             等のシミュレーションを行い行動計画(戦略)と損益・資金繰りの1年後の見通しを              立てます。どんぶり勘定から千県経営へと創造型企業に生まれ変わります。

・予実管理・・・・・・・・自計化及び予実管理システムの導入により、先月の月次決算の結果を翌月初に入手               でき、計画と実績のズレの把握がタイムリーにできるので、常に先手を打つことが               可能となります。

             予定2表  @損益予定表
                   A資金繰り予定表

             経営3表  @総括予実表
                   A要約損益月次予実表
                   B売上明細予実一覧表

・いちげつ経営会議・・・・経営幹部と「経営3表」をもとに「いちげつ会議」を行い、前月の結果を確認する               とともに、今月以降何をするか、又どう手を打つかを決定します。

・先行管理・・・・・・・・「予定2表」により来月以降の「損益・資金の見通し」を確認し、資金手当等が必               要な場合は早めに手を打ちます。
             この時、売上見通しを変更しながら資金繰りの検討を行うと、より現実的なものと               なり文字通り「先行管理」が実現できます。


バナースペース

新美達也税理士事務所

〒475-0921
愛知県半田市天神町15−2

TEL 0569-21-7600
FAX 0569-21-7650
E-mail niimizeimukaikei@tkcnf.or.jp